2014年03月23日

インプラントのための解剖学

9BA7E777-2350-4670-A5D4-E1CDED182D1B.jpg

学生時代は解剖学が大嫌いでした。
人間は三次元なのに、教科書は二次元。
イメージ全くわかずに、その場所になんちゃら神経やなんちゃら動脈。挙句使われる用語はラテン語とドイツ語と英語のごっちゃ混ぜ。
好きになれという方が無理な話しだと思います。
インプラントを始めてからは、解剖学は嫌いだなどと言ってられなくて、結構な本を買い込んでは勉強しました。
全てのリスクを患者さんに説明するためにも解剖学ベースのエビデンスは非常に大切なものです。

今回参加させて頂いた講義は、非常に鮮明な3D画像、実際の頭蓋骨を使っての内容。実によくわかり、解剖嫌いな私でも充分理解でき、明日の臨床に直結できる素晴らしい内容、阿部教授、本物にありがとうございます。

当医院はCTをはじめ充分な精密検査、充分なコンサルテーションを終えてからのインプラントオペとなります。
インプラントをお考えの方は是非とも相談にいらして下さい。

posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 23:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

歯科医師会学術講演会

766264E7-45B0-47B8-B69C-2D8CC4190A6A.jpg85F51203-30D5-41AE-B1C0-A0BF8901D0ED.jpg
昨日、母校であります日大松戸歯学部のインプラント科の教授であらせられます加藤仁夫先生をお招きして学術講演会が開かれました。
今回のテーマはインプラント治療のリスクマネジメントのお話で、大学病院でのリスク管理がどのようなもので、それを一般開業医がどう応用すれば良いのかという非常に実践的な内容でした。
全ての歯科治療の基本は「インフォームドコンセント」ですが、インプラント治療も例外でなく、オペが成功するのは患者さんの納得があってこそのものであると改めて認識させられました。
その後の懇親会で、夜は更けていきました。
加藤教授、ありがとうございました。
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 16:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

黙祷

075AEFA8-D232-4072-B0AD-9E6F6E144CF4.jpg

3年前の午後1番の患者さんの処置は抜歯でした。
麻酔をかけた後、いざ抜歯しようと鉗子を持ったところで大きな揺れ。後に停電。
患者さんが「折角麻酔したのだからそのまま抜いて」との希望に停電の暗い中懐中電灯の明かりで抜歯したのは今でも鮮明に覚えています。
帰宅はあり得ないほどの渋滞の中、都内の自宅に着いたのが翌日の明け方6時、余りの寒さにそのまま入浴して、2時間後には車で診療所へ。
利用交通機関が終日運休のため、スタッフが来るのもままならず、その日は休診。
毎日毎日ACの「ポポポポーン!」のCMに憂鬱になりながらの生活に漠然とした不安が募ったものでした。
関東に住む私でさえ、3.11はトラウマになるほどの出来事であったのですから、実際の大きな被害に遭われた東北の方々の辛さは想像を絶する事であったのでしょう。
奇しくも本日の午後1番の患者さんの処置が抜歯であったために、あの時の出来事がまざまざと思い出されてブログを書くに至った次第です。
被害に遭われた東北地方の方の笑顔を取り戻すために、一刻も早い復興を今年も強く願っております。
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 19:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

お勧め新書


image-20140309224752.png


image-20140309224808.png





今日購入した2冊です。
友里さんのグルメ本は業界癒着なしの、自腹での純粋な料理店評価本です。
「性格の悪い料理人に美味い料理なし」
は友里さんの名言ですが、確かにその通りです。
相変わらずのぶった斬りの批評本となっているので、料理業界的には戦々恐々なのでしょうが、ここまで書いちゃっていいの?と一般のかたは痛快かもしれません。

もう一冊は有名アナウンサーが書いたものですが、患者さんに治療の説明をする際にいつも
「自分の説明はいつもちゃんとした日本語なのであろうか?」
と思っている私には非常にありがたい本なのかなーと。
綺麗な日本語を使うことは、日本人として当然の義務だと考えます。
少しはましな日本語が使えるようになればいいなと思います。
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 22:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする