2014年03月11日

黙祷

075AEFA8-D232-4072-B0AD-9E6F6E144CF4.jpg

3年前の午後1番の患者さんの処置は抜歯でした。
麻酔をかけた後、いざ抜歯しようと鉗子を持ったところで大きな揺れ。後に停電。
患者さんが「折角麻酔したのだからそのまま抜いて」との希望に停電の暗い中懐中電灯の明かりで抜歯したのは今でも鮮明に覚えています。
帰宅はあり得ないほどの渋滞の中、都内の自宅に着いたのが翌日の明け方6時、余りの寒さにそのまま入浴して、2時間後には車で診療所へ。
利用交通機関が終日運休のため、スタッフが来るのもままならず、その日は休診。
毎日毎日ACの「ポポポポーン!」のCMに憂鬱になりながらの生活に漠然とした不安が募ったものでした。
関東に住む私でさえ、3.11はトラウマになるほどの出来事であったのですから、実際の大きな被害に遭われた東北の方々の辛さは想像を絶する事であったのでしょう。
奇しくも本日の午後1番の患者さんの処置が抜歯であったために、あの時の出来事がまざまざと思い出されてブログを書くに至った次第です。
被害に遭われた東北地方の方の笑顔を取り戻すために、一刻も早い復興を今年も強く願っております。
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 19:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391177837
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック