2016年02月28日

UKロック

文化の違いがあるのでしょう。イギリスはヒエラルキーが強く上流階級は代々上流階級、労働者階級は相当頑張らないといつまでも底辺。労働者階級が一流になるための方法としての芸能、音楽。
イギリスの音楽がどことなく影のあるモノなのは背景に日本とは違う事情があるんかなーなんて思います。
大好きなオアシスが労働者階級で、ブラーが中流階級でお互いに相容れないどころか反目しあっているのはそんな感じなんですね、多分。
アクモンが最近アルバム出さないので最近はスエードばかり聞いています。
スエードは最近亡くなったデビットボウイに感じが似ていて、メロディアスで影があってとにかく最高です。
新譜がこれまた最高、今年度のベストアルバムがもう既に決まってしました。(笑)
SUEDEの「Night Thoughts」とにかくおすすめですよ!3EEBAD32-95F4-46C0-959C-A5E0C9465E50.png

posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 00:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック