2013年10月31日

可能な限り神経を残します!

以前のスタッフが久しぶりに治療に来ました。
不快症状が出ており、相当大きそうな虫歯です。

201310311.JPG

↑一番後ろの歯。真ん中に見えるのが神経の穴。手前に見えるのが虫歯です。

レントゲンの診断では
1、神経と虫歯が交通している。
2、これってすごく大切な診断基準なのですが、「自覚症状がある」

以上の診断によりほとんどの歯科医師が「抜髄」=神経を抜く
の処置を選択するものと思われます。

そのスタッフは私と診療を共にしてきた衛生士ですので、神経を抜きたくないのはもちろんのことですが、流石にレントゲンを見てこれは抜髄しかないとあきらめ顔。

どんなに不快症状が出ても、遠慮が要らない間柄ということもあって(笑)、色々な方法を複合した技法で神経を保存することにしました。

201310312.JPG

↑白くなったところが神経を保護するために使用した材料の様子です。

翌日連絡してみると、かつての不快症状はすっかり消失しているとのこと、とりあえず、神経を抜かなくてすみました。
後は健康な象牙質が出来上がってくれれば大成功です。

結果は数ヶ月先になりますが、楽しみです。

当医院では色々な引き出しを用意、出来る限り神経を保存する方法を提案できます。

お気軽にご相談下さい!!


posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 17:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫歯予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

虫歯を取らないで虫歯を治す???

201211272.JPG

そろそろメジャーになってきた歯科用材料です。

なんと「虫歯を取らずにこのセメントを詰めると虫歯が健康な歯になってしまう!!」
という信じられないセメントです。

従来、「虫歯の治療は虫歯を全て除去してなんぼ」の世界で、考えてみればそんな事は当たり前のことで。
ところが深い虫歯の場合、きちんと虫歯を除去すると
「神経の穴が出てしまい、神経を取らなければならない」
という悲しい結果になることがしばしばあります。
ならば
「神経を残すために虫歯を残せばいいじゃん」
となりますが、虫歯を残せば必ずその虫歯が大きくなって、結局神経を抜かなければならなくなってしまいます。

そんなジレンマのなか、
「神経が出そうな深い虫歯の治療で、虫歯を残してセメントを詰めて、そうしたら虫歯が健康な歯になって、結局神経を抜かずに、治療が終わった!!!」
なんて夢のような治療が現実になってきました。

残念なのは、厚労省の認可が下りていないために基本的には「自費診療扱い」になってしまいます。

ご興味のある方はご相談くださいませ!!
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 23:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫歯予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

永久歯と乳歯

乳歯が痛いとの訴えで来院した患者さんです。

20120821.JPG

左が乳歯で右が永久歯です。
大きさが随分違うことがお分かりいただけると思います。
根の長さが永久歯に比べ圧倒的に短いため通常「短命」です。

この患者さんはできる限り長期間この乳歯を使わなければなりません。
寿命を延ばすためにも神経を残した治療を施しました。

乳歯と永久歯の違いがよく分かるレントゲンだったので紹介させて頂きました。




posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 23:35| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫歯予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

MIペーストはお子様だけではなく・・・!

05091.JPG

はみがきこはできれば虫歯予防、歯周病予防がきちんとできればいいな、と思います。
残念ながら、一般販売のものにはその効果はほとんど期待できません。
「白くなります!!美白!!」などと謳っているはみがきこは何てことはない、ただ単に「研磨剤」が多量に配合されていたりして、そうすると汚れだけでなく健康な歯質まで削ってしまい本末転倒な自体を招きます。
市販のはみがきこをお使いの方はその量を「マッチ棒の頭」位ににして下さい。

虫歯になりやすいお子様用のお勧めはみがきこNo1は「MIペースト」です。このはみがきこは相当すごい薬効で、リカルデントの作用で初期の虫歯ならエナメル質を正常に戻してしまうくらい優れた虫歯予防効果があります。
お口をゆすがないで歯の面に塗りつけて放置する方法もメーカーから提案されています。

05092.JPG

さて、本日体の不自由な方が治療にいらっしゃいました。どうやら歯ブラシそのものをすることも大変ですし、ゆすぐ作業も難儀とのこと。
今までお子様にしかお勧めしていなかったMIペースト、介護が必要な方にも非常にお勧めだと気がつきました。なにせきちんと磨いた後はむしろゆすがずにそのままの方が効果が期待できるんですもの!

私も使用しています「MIペースト」、あらゆる方におすすめです!!

posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫歯予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

世界一小さな歯ブラシ ROLLY

20120325-1.JPG

20120325-2.JPG

以前から気になっていました。
イタリア生まれ使い捨て「携帯歯ブラシ」ローリーブラッシュ6個入り税込み630円。

使用方法はこう書いてあります。
「口の中に入れ、3〜5分歯の周りを舌で転がすようにご使用下さい。3段構造のブラシが届きにくい歯や歯ぐきに付着した汚れを除去します。」

もしこれが本当ならば外出先で洗面所に向かわなくとも手軽にブラッシングができてとても便利です。

実際に使用してみました。口の中に放り込んでみると強力なミント味。舌で転がしてみと舌がすごく痛いです。だってすごくトゲトゲしてますもの。
歯の外側の面はどうやら頬の筋肉を使ったほうが当てやすいので他人に見られると恥ずかしいくらい筋肉を動かしてローリーを歯面に当てます。
すごくがまんして5分頑張りました。

結果は。。。。。

汚れは全く落ちません。舌と筋肉が痛くなっただけ。唯一強力ミント味で口の中がスースーするのがせめてもの救いです。

しかし。。。。

東急ハンズの「デンタルケア」コーナーにきちんと置いてあり、価格も決して安いものではありません。
別なコーナーで取り扱ういわゆる「おもしろ商品」としてならまだしも、堂々と「携帯歯ブラシ」として販売していいのでしょうか?

わざわざイタリアから輸入してまで販売する価値があるのでしょうか?

僕の使い方に問題があるのでしょうか?(一応歯医者ですが。)

う〜〜〜ん。

仕方がないので間違って買ってしまった方、最も効率的な使用方法をお教えいたします。ローリーを手でしっかり持って歯にゴシゴシ当ててください。余り汚れは落ちませんが、しないよりは少しだけましな結果が得られます。
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫歯予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする