2016年02月28日

UKロック

文化の違いがあるのでしょう。イギリスはヒエラルキーが強く上流階級は代々上流階級、労働者階級は相当頑張らないといつまでも底辺。労働者階級が一流になるための方法としての芸能、音楽。
イギリスの音楽がどことなく影のあるモノなのは背景に日本とは違う事情があるんかなーなんて思います。
大好きなオアシスが労働者階級で、ブラーが中流階級でお互いに相容れないどころか反目しあっているのはそんな感じなんですね、多分。
アクモンが最近アルバム出さないので最近はスエードばかり聞いています。
スエードは最近亡くなったデビットボウイに感じが似ていて、メロディアスで影があってとにかく最高です。
新譜がこれまた最高、今年度のベストアルバムがもう既に決まってしました。(笑)
SUEDEの「Night Thoughts」とにかくおすすめですよ!3EEBAD32-95F4-46C0-959C-A5E0C9465E50.png

posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 00:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

たま〜〜〜に聴くとしびれます!!

中学時代異常なビートルズファンだった私はもちろんハードロックも聴いていました。
ビートルズは今でもしばしば聴きますが、ハードロックは数十年ぶりに「聴きたいモード」に入っちゃいまして。

最近ヘヴィーローテーションなのが

hr1.PNG

↑御存知ツェッペリンの最高傑作

hr3.PNG

↑ツェッペリンの中での最もお気に入り

hr5.PNG

↑歌詞は相当恥ずかしいですが(笑)、リッチー最高です!!
ライブのチャイルドインタイムを始めて聴いたときの衝撃は未だに忘れられない思い出です。

hr2.PNG

↑エアロスミスの最高傑作でしょう。

hr4.PNG

↑エアロスミスの中ではこれが最もお気に入り。

UFO.JPG

↑ライブアルバムは余り好きではないのですが、このアルバムだけはスタジオ録音をはるかに凌ぐ素晴らしい出来。選曲も最高です。ギターも最高です!だってあのマイケルシェンカーですもの!!

仕事が忙しくて、元気パワーが欲しい時には最高ですよ!!










ラベル:ハードロック
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 02:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

ベルリン3部作

矢沢永吉もそうですが、還暦を過ぎてもロック魂は不滅、相変わらず猛烈にカッコイイ
「デビッドボウイ」。

db7.JPG
久しぶりに「ベルリン3部作」が聴きたくなりまして。
ブライアンイーノがプロデュースしているこの3枚がボウイの最高傑作と名高いアルバムです。

66歳の今年発売された「The Next Day」も非常にいい出来です。
とても66歳の感性ではありません。
ちなみにストーンズのミックジャガー69歳、ポールマッカートニーはなんと70歳。
皆様全てバリバリの現役!!畏れ入ります。

さてさて、ボウイのアルバムの沢山ある中での私の一番のお気に入りはなんといってもこれです。

db1.PNG

とにかく最高です。
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 13:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

元気でます!

sr01.JPG

ゴルフのために朝5時過ぎに起きて相当眠い目をこすりながらクル​マに乗り込んだときにこのアルバムをかけたら物凄く元気が出てす​ごいハイテンションになりました。
ライブアルバムなので臨場感溢​れ、スタジオ録音と変わらぬ歌のうまさ。久々にヘヴィーローテー​ションinクルマを見つけました。
シンプリーレッドは学生時代か​らのお気に入りでいまだに何枚もヘヴィーローテーションがありま​すが残念ながら活動を停止してしまいました。おそらくベスト版を​除くとこのアルバムが最後なのでしょうか?気分を盛り上げたいと​きには本当に最高の一枚です。
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

たまにはコルトレーン

jc.JPG

家でのんびり音楽を聴くときはJazzを選択いたします。

ソニー・ロリンズ、ブランフォード・マルサリス、ウィルトン・フェルダー、渡邊貞夫など、サックス関連のアルバムが好きですが、中でも一番好きなのはジョン・コルトレーンです。

彼の比較的初期の作品が好きで、一番のお気に入りは「Giant Steps」です。

「シーツオブサウンド」=畳み掛けるような旋律の洪水、それでいてメロディアス。

このアルバムは特に力強さに溢れた逞しい作品に仕上がっていて、お勧めです。

posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする