2013年12月19日

金属アレルギー

201312191.JPG

201312192.JPG

原因不明の皮膚のかぶれ、ひどい手荒れ等の症状の患者さんが来院しました。

口の中にはたくさんの金属の修復が。
金属アレルギー症状です。

患者さん曰く「他に原因が見当たらない」

と言うわけですべてを金属以外に修復することになりましたが、通常ですと治療本数が多いと自費診療代が結構高額になってしまいますが、当医院のセレック3ですと比較的安価で修復することができます。

ちなみにその患者さんは、金属アレルギーが完治ではありませんが相当良くなりました。

原因不明のアレルギー、金属アレルギーにお悩みの方は是非ご相談ください!!
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 22:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 審美歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

金属アレルギー

20130929.JPG

先日NHKの「ためしてガッテン」にて「金属アレルギー」特集があったためなのでしょうか、問い合わせが結構あります。

実際に口の中の金属がアレルギーを引き起こすことは珍しいことではありません。
原因不明のアレルギー症状がある場合は口の中の金属を疑った方がいいかもしれません。

オールセラミックの「セレック」を導入しています当医院では従来より安価で「非金属修復」が可能です。
審美性も含め、金属アレルギーの方は一度ご相談下さい。
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 21:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 審美歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

歯科の「シェード」って何??

shade=シェードと言うと、一般的には「影」や「暗がり」「日よけ」などと使うのですが、
歯科のシェードとは、「濃淡」「色合い」のことで、つまり「歯の色」を言います。

歯の色見本詰め合わせセットを「シェードガイド」と呼びます。
201308207.JPG

シェードガイドは色々なメーカーから色々出ているのですが、何十年も前からほぼ全ての歯医者に採用されているのが「VITA」ブランドです。(いわゆるビタシェード)。
ビタのシェードは色合い加減を大きく4つに分類し、それぞれをさらに細分化しています。
201308205.JPG

最近はビタのシェードがパワーアップしたものがありまして、先ずは「明度」を決めた後に「彩度」を決定するより精密、詳細なものが発売されています。

201308202.JPG

当医院は実際に作製する技工士の先生が患者さんのシェード及び形態、患者さんのご希望を確認しに参りますので、私としてはシェードガイドとにらめっこをしなくて済んでおります。(笑)
「どうも昔入れた差し歯の形や色が気に入らないわ」と言うお悩みのある患者さんがいらっしゃいましたら
当医院に是非ともご相談下さい!!



posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 23:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 審美歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

どうにもどろどろのあの材料が嫌いな方へ

慣れない機械に戸惑いながらも無事に8時まで診療できました。

05077.JPG

本日はお口の型を採るのに使用する粘土みたいなもの=印象材がとても苦手な患者さんがいらっしゃいました。
いわゆる嘔吐反射の出やすい患者さんです。僕も出やすいので気持ちが良く分かります。

そこで登場するのがセレックです!

05074.JPG

セレックはお口の中を特殊なカメラで撮影するので印象材が入るより余程楽です。
撮影後すぐに設計ができるため僕も楽なのでメリットがたくさんあります。

どうにもあの粘土のような印象材が嫌いな方は一度相談にいらしてください!!
タグ:嘔吐反射
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 23:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 審美歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

セラミックの治療には・・・・

sirona1.JPG

CIMG0155.JPG

CIMG0166.JPG

審美歯科、審美治療にはセラミック治療が欠かせませんが、

果たして「白いから審美治療」なのでしょうか?つまり「見た目」だけ?

確かに審美治療に「見た目」が良いのは第一優先事項かもしれません。

保険の金属は銀色のとても審美的とは言えないものですが、何よりも問題なのは「硬い=減らない」
と言うことです。

ご自身の歯は噛むたびに減っていきますが、硬い金属は減ることはありません。
するとその歯だけやけに強くかみ合ってしまうため、ダメージ=咬合性外傷を起こしてしまうことがしばしば認められます。

咬合性外傷になってしまった歯は健常な状態に戻りにく深刻です。

セラミック、特に当医院で使用している「セレック」は硬さが柔らかい貴金属と同等で、天然歯にやさしいかみ合わせを構築することができます。

また、以前も書きましたが、磨き残しが付き難く、メンテナンスが簡単です。

ただ単に見た目が良いからお勧めしているわけでないと理解していただけたら幸いです。
posted by インプラント、ホワイトニングなら! ふじみ野 飯島歯科 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 審美歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする